パーミッション・マーケティングとは

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

パーミッション・マーケティングは、事前に承諾を得ている顧客のみに対し、商品、コンテンツ、情報提供や勧誘などの販売促進を行います。

*パーミッション:許可、承認、承諾などの意味があります。

これは、One to Oneマーケティングと似ていますが、この場合はデータベースなどを基にしコミュニケーションを図ると言うより、

消費者が興味のある商品、分野に対し許可を得た上で、その内容に応じたコミュニケーションを図ります。

なので、より消費者の興味に適した内容となり、また、少なからず興味を持っていると言うことなので今後の購入や成約に繋がる可能性が高くなります。

ただし、商品、コンテンツ内容の質も問われます。

理由としては「興味がある」と言うことは、それなりに情報を持っている、あるいは、集めている可能性があり、他社からの商品、コンテンツの情報も受け取っていると考えられます。

なので、その中で選ばれるには、他社との違いが必要になり、より質の高い内容が求められます。

もし、その内容の質が低いものであれば、せっかく得ることが出来た関係性も離れていくことになります。

これは、パーミッション・マーケティングに限らず、すべてのウェブ・マーケティングにおける前提になってきます。

つまり「より興味を引くコンテンツ」が最も重要な部分で、その上での様々なマーケティングによる最適化ということになります。

また、パーミッション・マーケティングのツールはで、RSSやオプトイン・メールなどがあります。

オプトインは「選択、決定」などの意味があり、承諾を得た上でメール配信を行います。

トップページに戻る

 

タグクラウド

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す