マズローの欲求5段階説

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローは、

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」

と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で表されるとしたものです。

これは、人間は最も重要な欲求から先に満たそうとし、またそれが満たされると次の欲求が生まれてくると言うものです。

下記のヒエラルキーで説明すると、低下層の1から欲求が始まります。

1、生理的欲求

一番重要度で、生命の維持にかかわる事柄になります。

2、安全の欲求

次に重要度が高く、安心、安全な暮らしに関わる事柄になります。

3、社会的欲求

「何か、どこかの組織、あるいはグループに属していたい」「人に愛されたい」「仲間が欲しい」などの帰属意識や、愛などを求める段階です。

4、承認(尊重)の欲求

「他人から尊敬されたい、認められたい」などの、自尊心が生まれ、社会的な地位を求めます。

5、自己実現の欲求

「自分が望む未来像を実現したい」「自己の能力を高め、○○に挑戦したい」など、自己の啓発や自己実現を求めます。

マズローの欲求5段階説

 

日本や他の先進国において、

1、生理的欲求

2、安全の欲求

3、社会的欲求

の階層まではほとんどが満たされるので、人々の多くは、

4、承認(尊重)の欲求

5、自己実現の欲求

を求めていると考えられます。

新興国、発展途上国においては、

1、生理的欲求

2、安全の欲求

3、社会的欲求

の欲求が強くなります。

また、マズローが新しく提唱した、

6、「自己超越」があり、これは「無償で、自分の目標、目的、大儀のために生きていく」と言ったものになります。

また、このレベルに達している人は、人口の2%ほどで、子供でこの段階に達することは不可能であると述べています。

実際には、マザー・テレサなどがこの段階だったのではとおもいます。

 

この様に「マズローの欲求5段」から、人々の多くがどのような段階にいるかによって求める「事」、あるいは「モノ」がどう関わってくるかを考えていくことだ出来ます。

 

 

流通チャネル戦略

タグクラウド

サイト運営の向上のため32秒のアンケートの協力ください

ありがとうございます。ついでにFOLLOWもお願いします。

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す