マーケティング・ミックスの4Pと4Cを構成する

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングを、戦略的マーケティングで(自社の経営資源に基づき方向性を決定していく段階)明確にし、

具体的な戦術的マーケティング(実際に、実行していくための手段の策定)を組み立てていきます。

組み立てていくには、4Pと4Cを相対的に考えていきます。

また、4Pを組み合わせた活動をマーケティング・ミックスと呼ばれます。

4Pと4C

4Pと4Cの基本的な構成は、

4P
Product:プロダクト
(製品、サービス)

どんな製品、サービスを、

Price:プライス
(価格)

いくらで、

Place:プレイス
(流通、場所)

どのような流れ、場所で、

Promotion:プロモーション
(販売促進)

どのような方法で、

の頭文字をとったもので企業側の視点で考えられます。

 
4C
Customer solution
:カスタマー・ソリューション
(ニーズ、ウォンツ、ベネフィットなど、顧客の問題解決策を提供)

製品、サービスにより解決できる事は、

Customer Cost
:カスタマー・コスト
(顧客の負担)

どの程度の金額までなら、

Convenience:コンビニエンス
(入手の容易性、利便性)

購入に不便を感じないか、

Communication
:コミュニケーション
(顧客との接触)

どこで、(店舗、ネット、電話など)
購入する事が出来るか、

の頭文字をとったもので
消費者、顧客の視点で考えられます。

4P、4C、を組み合わせていく上で重要なのは、相対的に組み合わせて構築していく事です。

4p,4cの構成

つまり、

Product:プロダクトは、Customer solution:カスタマー・ソリューションに対応し、

Price:プライスは、Customer Cost:カスタマー・コストと相応で、

Place:プレイスは、Convenience:コンビニエンスに無難であり、

Promotion:プロモーションは、Communicationコミュニケーション手段に有効である。

など企業側の視点と消費者、顧客側の視点の双方が、対応し合っている事が重要になります。

また、4Pの各項目を策定していく活動を、製品戦略、価格戦略、流通・チャネル戦略、プロモーション戦略と呼ばれています。

これらの戦略を組み合わせマーケティン・グミックスを策定していきます。

4P構築
 

製品戦略へ

タグクラウド

サイト運営の向上のため32秒のアンケートの協力ください

ありがとうございます。ついでにFOLLOWもお願いします。

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す