参考書籍一覧

基礎から応用までマーケティングを学ぶなら
マーケティング理論を幅広く網羅された決定版になります。800ページ弱で分厚い教科書ですがマーケティング・マネジメントを理解する究極の一冊です。ただし、内容のすべてを実践していける訳ではないが(自身の経営規模によってと言う意味です)知っておくべき事が網羅されています。
これは、「基本版」になりますが内容は、コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版を簡略したものです。400ページ弱で読みやすいとは思います。
これは、ソーシャルメディア時代において「高次レベル」のマーケティング理論になっています。ただし、「高次レベル」と言っても実行できないと言うわけではなく、今よりもより高水準かつ社会的価値を高めるために何をしていくのかを考えさせられる内容と言うことです。最初に読んでも問題はないですが、コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメントのどちらかは読んでおいた方がより理解できます。
国際実務マーケティング協会がが主催する「マーケティング・ビジネス検定」試験のために用いられる教科書になります。コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント同様に幅広く体系的に書かれています。
国際実務マーケティング協会がが主催する「マーケティング・ビジネス検定」試験のために用いられる教科書で、応用編になります。
どれを買うか迷ったら
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメントはマーケティング書籍のまさに決定版で他のほとんどのマーケティング書籍でも元となっていることが多いです。熟読しないとわかりにくい部分もありますが、マーケティングを知るうえでは持っておいた方がいいでしょう。なので、まずはこの本で理解を深めた上で他の書籍などを参考にしていくことをお勧めします。