5フォース分析(5つの競争要因)

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ファイブフォース分析は、ミクロ環境の分析などによく用いられます。

目的としては、業界の競争環境と要因を知り、収益性を測ることになります。

また、競争環境をつくる要因(競争が起こる要因)は次の5つがあります。

①競争企業間の敵対関係

②新規参入業者の脅威

③代替品・代替サービスの脅威

④買い手の交渉力

⑤供給企業の交渉力

ファイブフォース分析

①競争企業間の敵対関係

・競合企業者数

・市場(業界)の成長性

・ブランド力

・資金面

などを分析、評価していきます。

競争業者が多い環境では、製品、サービスの類似も非常に多くなり、その中でコストの削減、品質向上、納期スピードなど差別化を図るための競争が熾烈になれば敵対的な関係の要因になります。

②新規参入業者の脅威
規模の経済性

・ブランド力

・技術力、専門知識

スイッチング・コスト

これらが自社にどのように影響するのかを分析、評価していきます。

③代替品・代替サービスの脅威

・代替品・代替サービスの価格は?

・代替品・代替サービスとの差別化は可能か?

・それらのスイッチング・コストは?

などを分析、評価していきます。

④買い手の交渉力
・スイッチング・コスト

カスタマー・バリュー

などにおいて、自社の利益の確保は可能かどうか分析、評価していきます。

⑤供給企業の交渉力
・規模の経済性はあるか?

・供給業者主導にならないか?

など仕入れ面において圧倒的不利な立場にならないかなど分析、評価していきます。

以上の5つの要因と動向を分析、評価し参入していく上で自社にどのような影響があり、また打開していけるかを考えて生きます。

 

 

S:セグメンテーションへ

タグクラウド

サイト運営の向上のため32秒のアンケートの協力ください

ありがとうございます。ついでにFOLLOWもお願いします。

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す