インプリメンテーション(実行)

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

インプリメンテーションは、マーケティング計画の目的を達成させるため具体的に実行していくプロセスになります。

今までに行った戦略立案は、マーケティング活動の「なぜ」「何を」に対して取り組む部分で、

実行は「誰が」「どこで」「いつ」「どのように」を具体的に行っていく部分になります。

また、マーケティング・プログラムを実行するためのスキルとして、以下の4つが挙げられます。

①診断スキル
マーケティング・プログラムで設定した目標に対し、期待していた成果を上げられなかった時の原因を探るスキルになります。

・戦略が悪かったのか?

・戦略に問題があったのならば、どこなのか?

・実行段階に問題があったのか?

・実行段階に問題があったのならば、どこで間違ったのか?

などを診断することになります。

 

②実行段階で起こる問題を特定するスキル
主に実行段階で起こる問題には、3つが挙げられます。

・マーケティングの機能

・マーケティング・プログラム

・マーケティングの政策

 

③実行スキル
プログラムを成功させるために必要な資源を配分する「配分スキル」、効果的な組織編成のための「組織編成スキル」、目的遂行のために他社を動機付けする「交流スキル」などになります。

 

④評価スキル
実行するための様々な行動によって出た結果を追跡し評価する「監視スキル」も必要になります。

 

 

C:コントロール

タグクラウド

サイト運営の向上のため32秒のアンケートの協力ください

ありがとうございます。ついでにFOLLOWもお願いします。

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す