クロスメディア・マーケティングとは

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

クロスメディア・マーケティングは、異なるメディアを組み合わせ、それによりリーチとフリークエンシーの確保とコンバーションへ繋げる事を狙います。

*リーチ:フリークエンシーについては広告作成のステップの「広告作成のステップ」の「④メディア:広告媒体の選択」を参照ください。

例えば、TVCMの続きをウェブサイトに繋げたり、TV番組での消費者プレゼントをホームページで参加させたりなどもあります。

インターネットにおけるクロスメディア・マーケティングでは、主にCGMなどを組み合わせていきます。

①SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
フェイスブック、ミクシー、グーグルプラス、ツイッターなどのコミュニケーション・サービスになります。

②CGM(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア)
消費者生成メディアとも呼ばれ、消費者自身で作成したサイトやブログ、口コミ、レビューサイト、動画共有サイト、SNSの個人の投稿ページなど、消費者が内容を生成したメディアやユーザー発信型のメディア媒体になります。

<ブログ・サイト>
・無料ブログ

・独自ドメイン取得ブログ、サイト

<口コミ・レビューサイト>
・比較サイト、レビューサイト

<動画共有サイト>
・ユーチューブ

・ニコニコ動画

<SNS>
・ツイッター

・フェイスブック

・ミクシー

・グーグルプラス

<ナレッジコミュニティ>
・ウィキ、ウィキペディア

・ヤフー知恵袋

<キュレーションサービス>
・まとめサイト

・共有サイト

などがあります。

これらのソーシャル・メディアを活用し、組み合わせ、マーケティング活動を行っていくことが、インターネット上におけるクロスメディア・マーケティングになります。

ただし、むやみに組み合わせを増やせば良いという訳ではなく、興味をもたれなければユーザーの目には留まりません。

そのためには、「興味を惹くコンテンツ」が重要になり、また、それに伴った「質」も必要になります。

 

 

トップページに戻る

 

タグクラウド

サイト運営の向上のため32秒のアンケートの協力ください

ありがとうございます。ついでにFOLLOWもお願いします。

【必見】マーケティング関連サービス、ツールの各種資料を無料でダウンロードする事が可能です

コメントを残す